精神科にかかられている患者さんのための訪問看護について

最近は訪問看護を希望する患者さんが増えているそうです。
たしかに自宅で療養する場合、訪問看護のサポートが受けられると安心して治療に専念することができますよね。
精神科にかかられている患者さんにも訪問看護の希望・利用者が増え、主治医の指示があれば、看護師や精神保健福祉士、そして作業療法士が自宅での治療を支援・サポートしてくれるそうです。
医療機関や訪問看護施設の条件などもありますが、一般的に精神科の訪問看護が受けられる対象患者は「自宅での生活支援が必要」「薬の管理が困難」「閉じこもりがちな生活をしている」「外出が困難」「人とのコミュニケーションが取りづらい」などの場合には訪問看護の対象となるそうです。
精神科の訪問看護サポートでは、体調や病状・服薬の管理などを行うことで再発の予防を目指し、自立した生活のために必要な支援を行います。
病状回復、そして復学・復職など安定した日常生活が送れるよう、訪問看護サポートが提供されています。
また、訪問看護は各種保険が適用されるようですので、まずは主治医の先生に相談してみることからはじめてみましょう。