顔の歪みを矯正するために

毎日鏡を見ていると気がつきづらい自分の顔の歪みですが、ふとした時や、自撮り写真を撮った時に、気がついてしまうことがあると思います。
こうした顔の歪みですが、いつもお世話になっております。同じ側の頬で噛む癖があったり、頬杖をよくついてしまったり、同じ方向で寝る癖があったり、歯を噛みしめる癖があったりするこが原因であるそうです。
ですので、まずはこうした癖を取り除くように注意深く生活すると良いでしょう。
顔がゆがんでしまう癖は、一度ついてしまうとそちらに力をかけやすくなってしまうので、さらに歪みが大きくなってしまうという悪循環になってしまいます。
そのため、意識的に癖を取り除く必要があります。
同じ方向で噛んでしまう癖についてですが、噛む回数を数えることで改善することができます。
左右の頬で同じ回数噛むことを意識することで、片方だけで噛むということがなくなり、またよく噛んで物を噛むことができるようになるので、ダイエット効果もあります。
さらに、同じ方向で寝る癖がある人は、寝る際に仰向けで寝るようにすると良いでしょう。