健康保険の効かない歯科治療とは

歯科治療も健康保険が適用されるもの・されないものがあるそうですが、技術的にも使う治療器具などに差があると思いますが治療費ももちろん保険適用外の場合は高額になります。
さて、そもそも健康保険適用外の自由診療はなぜ存在しているのでしょうか?
それは歯科だけではありませんが、新しい治療法などを国が認可する前に副作用や効果についてのリスクを正確に調べないといけません。
そしてそれを調べるにはとても時間がかかるため、海外ではすでに認められている治療法でも日本での許可はまだなければ自費診療として健康保険適用外の治療になってしまうそうです。
保険適用外の歯科治療ですが、その代表例はどんな治療なのでしょうか?
一般的には美容診療・ホワイトニング・歯並びの矯正・インプラント治療などが挙げられます。
全てが当てはまるというわけではありませんが「見た目を治す」という治療法は健康保険適用外の場合が多いと思います。
自費診療・保険診療それぞれにメリットもデメリットもありますので、自分が受けようとする治療についてはまず医師と相談して納得してからの選択がよさそうですね。