家賃支払いには自分の口座からの振込を利用しよう

賃貸住宅を探すときにネックになる月々の家賃支払い。
こちらは大家さんによっても異なるため、きちんと説明を受けましょう。
不動産業者を介して契約するときは、担当者に確認することが大切です。
銀行口座引落を採用するところが増えましたが、大家さんへの手渡しや、指定口座への入金(振込)が必要なケースも少なくありません。
家賃を支払えば問題はないのですが、現実にはいろいろなトラブルも発生しています。
手渡しのときは領収書との引き替えが大前提ですが、すぐにもらえない場合もあります。
指定口座へ入金する場合、その金融機関が近いときは直接出向くことができます。
しかし、現金を振り込む場合は、自分の口座に履歴が残りません。
もちろん、金融機関の受付印があるため、振込用紙を保管しておくことで証拠になります。
このように、家賃を支払うときは適切な対策をしておくと、未払いを指摘されたときに役立ちます。
そのうえで、自分の口座からの振込をおすすめします。
こちらは、通帳に履歴が残るため、利用明細書などを紛失しても安心です。
振込先によっては手数料も掛かりますが、安心料として割り切るとよいかもしれませんね。